<   2018年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

本妻の誕生日

12月に入ると早々に「誕生日が来るな~」と・・・

「誕生日は、お前と一緒にやろう~」

母は12月13日で父は28日 
父は後ろに来る自分の誕生に母の誕生日を持ってきて、
一緒に祝おうと毎年言う。
:::
それでも母の誕生日は母の誕生日で食卓を用意する。

c0119197_07115373.jpg
::::

「今日はご馳走だな~~」と席に着く。

「今日は本妻さんの お誕生日ですよ」

「??・・・ お前の誕生日は23日だぞ~!」

「いえいえ それは別宅さんに居る方のお誕生日でしょう~」

「ハハハ そんな訳はない」

毎年二人の誕生日巡って繰り返される父の会話を思い出す。
母の好物の蟹が送られてきた。

*セイコかに
c0119197_07124213.jpg
*こだわりの越前萩の生サバずし 
c0119197_07125677.jpg
*野菜の炊き合わせ
 里芋 レンコン 干しシイタケ ニンジン 揚げナス
c0119197_07123299.jpg
*もってのほかとホウレン草のお浸し
c0119197_07130650.jpg
自分の年齢も忘れた母
「88歳ですよ まだまだ若い!!」
美味しそうに沢山食べました。

92歳の誕生日。

 


More
by weloveai | 2018-12-14 08:59 | 我が家の夕食 | Comments(30)

芸能人ばかりではない。

齢の差婚
Fさんと同じ年の人が再婚をした。
齢の差は30。

それを人伝に知った彼の姉たちは腰を抜かすほどの大騒ぎ。
4姉妹で長女と末の妹はすでに他界、残っているのは次女91歳と三女です。

c0119197_10113383.jpg
「こう言う話を聞いたけど、お祝いをしたものか?」と聞かれた。

「こんなに、お目出度いケースはお祝いを差し上げるより、
 ご本人から振舞って頂く事になるのでは?」と大笑いで答えた。
Fさんも、
「羨ましい、話だね~~できれば僕も・・・」
「それでは女房は簡単に先に死ねない話じゃないかね~
 ご主人にそんなこと言わせていいのかね?」と91歳の次女

「私は再婚に賛成~男性が家事が出来るとしても・・・ 
 残された人生にパートナーがいたら安心だから・・・」

傍にいた義理の姉にも聞いてみた。
「勿論。一人残されたら可哀想だから直ぐに再婚して欲しヮ」

次女はどうも我々の答えには理解が出来ず承知が悪い。
三女は
「電話する用事があったけど・・・
 電話に相手がでたら、「もしもし○○さんのお宅でなかったかね・・・?」となってしまいそう、
 ・・・こんな話を聞かされて、今は話もしたくないのでやめておくことにした」呆れてる。

この話を知らせて来た人は彼の同級生「お金目当てではないのかな~~」と言っている。

「そうだとしても、お金もない人では・・・若い身空で、ただで老後を見る事になるでしょう~」

「堂々と女房の許可があっても・・・僕は貧乏で望みは叶う訳ないけど・・・
 それにしても羨ましい話だね~~」

「亡くなった二人の姉妹は特別可愛がっていたから嘆くに決まってる
 絶対に気分悪くするに違いない」と二人にこじつけて次女は自分の気持ちを話してる様だった。

姉妹が反対する気持ちは、私には理解できない。
奥さんがなくなって3年は過ぎていると思う。
彼をよく知ってる私達は、
学生結婚で「同志の様な奥さん」から解放されたのだと感じてます(笑)






More
by weloveai | 2018-12-11 10:32 | Comments(32)

意外な所に被害が・・・

いつもの年なら遠くから黄色い実がいっぱい見えるのに
今年は見えません。
夏の台風で沢山の実を付けた八朔は暴風にゆすられて、
根が掘り起こされた状態になりました。
マーマレードを作られる方に送れないのが残念です。


c0119197_10474694.jpg
これは柚子の木です。
背が低かったので被害に合いませんでした。






More
by weloveai | 2018-12-09 11:04 | 我が家の夕食 | Comments(32)

どうなってますか?

エキサイトどうなってるの!
自分のブログの舞台裏に入る事が出来なくて右往左往しております。
コメント欄も変わったの?
画面認証なんて・・・
URL省略するとコメントが送れない。


皆さんは普通ですか?

by weloveai | 2018-12-07 07:14 | 日記 | Comments(12)

笑えない話

82歳の友の同窓会の話

毎年、お泊りでする同窓会を楽しみしてる友が出かけると嬉しそうだった。
c0119197_11222299.jpg

同窓会は、どうでしたか?と聞くと
「それがね~・・・」

前日、同じ駅から一緒に出掛ける○○さんに乗る電車の確認で電話をした。
「分かったヮ、駅で待ってから宜しくね・・・」

当日の朝 
それでもと電話を入れたら
「私 同窓会を止める事にしたヮ」の返事

「ええ~~~幹事さんに連絡入れて頂戴ね!!」と・・・
(止める理由もなしに突然自分勝手な彼女に腹が立った)

暫くすると
「行くことにしたから」とケロッとした声で電話が・・・。
「良かったわね~」と言ったものの胸騒ぎ
友は待ち合わせの時間より早めに駅に着くようにタクシーを利用して駅で待つことにした。

約束の1番候補の電車の時間が過ぎでも○○さんは現れない。
電話を入れてみる
「今 家を出る所よ!」

○○さんは駅に近い高齢者用の高級マンションに一人で住んでいる。

それにしても遅すぎるので2回目の電話を入れた。
「今 駅に着いたわよ・・・」

軽い手提げを一つ下げて彼女が現れる。
「泊まるでしょ?着替えは?」
「私は、着替えなくてもいいヮ~」

お天気も良く順調に・・・会場に到着

受け付けが二つ 別々に幹事さんに会費を支払う時に○○さんの声が聞こえてきた。
「私は泊まらないから おつりを頂戴!」

「おいおい○○ちゃんは帰るんだって 参ったな~~」

それで幹事さんに前日から今朝の様子を伝えた。
「宴会を終えてから帰るにしても、あれでは一人で無事に帰れるか・・・一人で返せないよ~」と言う事になって、
友はお泊りを止めて一緒に帰る事になった。

今朝のいきさつを他の友に話を聞いてもらったら・・・
「それならまだ、いい方よ
 私なんて、もっと嫌な目にあったんだから・・・」
○○子ちゃんから電話が来て「久しぶりにランチしない?」と誘われて
日時と彼女の住む駅での待ち合わせの約束した。

遥々、新幹線を使って彼女の住む駅で待っていても約束の時間に現れないのでマンションに直接訪ねて行ったら・・・
「あら~駅で待っていても来ないから帰って来たところよ~」
「到着時間を知らせておいたでしょ!!お昼だからお食事に行こう」と言ったら・・・
「遅いので、もう済ませたヮ」と・・・(三食 食事つきのホーム)

「なら 私はコンビニでおにぎりでも買ってくるヮ」・・・

「それは、悪いから私が出すヮ」と一緒にコンビニに・・・
「それが買ってくれると言ったのにお財布を持って来てないんだかネ・・」

「それからマンションでおにぎり食べたんだけど、お茶も出なかったのよ、
 ○○ちゃんとの付き合いは、もうこりごりよ」

○○さんの変化はすでに前からあったようです。
この老人施設のマンションは住人の出入りは自由なのか・・・その様子は分からない。
三食付きで食事に現れなかった時に慌てるのか
同窓会を日帰りに変えて10過ぎに帰宅したのだが・・・

「この様子を、ご家族にお話しをたの?」と聞いたら、
「別に暮らす娘さんがいるけどお嬢さんの事は知らない」と・・・

「次回からは○○さんには可哀想だけど同窓会の案内状は出さない事に決めた」との事、
人の事は言えなくなる話です。








More
by weloveai | 2018-12-05 11:42 | 我が家の夕食 | Comments(24)

暖かです。

12月とは思えない暖かさです。

大蕪を頂いたので即席の漬物作り
*大蕪の皮を厚めに剥き薄切りにする。
 塩を振って重石をして水切りをする。(数時間で水が出る)
 酢と味醂の同量の液と昆布、タカの爪を回しかける。

*厚く剥いた皮と茎を刻む
 塩を振りしんなりしてから水分をしっかり絞り切る



c0119197_13162913.jpg


More
by weloveai | 2018-12-03 13:37 | 我が家の夕食 | Comments(14)

なかなかいけます。

青目さんのご主人が新聞に掲載された料理を作られた。

それをご覧になったOshibanayoshimiさんが早速作られた。


我が家の金曜日の夕食(11月30日)
私も鶏団子用に買ってあったトリ引き肉で「ミノムシ揚げ」を作った。
サツマイモはないのでジャガイモと牛蒡と人参のミノにした。

ひき肉の量が足りずカニ蒲鉾とタマネギのみじん切りを足して塩、胡椒をした。
刻んだ野菜は片栗粉を振りかけて、小さく握った具の周りに握り直し油で揚げた。


c0119197_11262830.jpg
人参は甘く柔らかでポテトはカリッとゴボウはいい香り
これは美味しいです。

青目家のこだまさま Osibanayyosimiさま 刺激をありがとう~~。
後は冷凍庫に残ってた焼きそばをFさんが調理した。

 
c0119197_11305533.jpg






More
by weloveai | 2018-12-01 11:40 | 我が家の夕食 | Comments(23)


遠くに離れている家族に故郷の香りを伝えます


by ゆすらうめ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
日記
我が家の夕食
パーティー
太郎の手紙
日本からパパへ
かわいいお弁当
絵画
悪魔の辞典
庭の花・木
家庭菜園
原風景ギャラリー
Village Tree の子ども達
私の原風景
アメリカにて
その他
レシピ

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

最新のコメント

うららさん ありがとう..
by weloveai at 10:02
kawaiさん あり..
by weloveai at 09:51
Marshaさん おは..
by weloveai at 09:43
おめでとうございます~。..
by o-hikidashi at 21:04
おめでとうございます。 ..
by kawaikenchiku at 08:40
おはようございます。 ..
by marsha at 06:55
鍵コメンさん 寿司飯の..
by weloveai at 19:19
Yoshimiさん あ..
by weloveai at 19:16
サンタのおじさんさん ..
by weloveai at 19:13
鍵コメさん メールでの..
by weloveai at 19:11
Pさん ありがとう~..
by weloveai at 19:08
Domaniさん 故郷..
by weloveai at 19:04
Marshaさん わり..
by weloveai at 19:00
Anatatoyuさん ..
by weloveai at 18:58
Marshaさん テー..
by weloveai at 18:54

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

画像一覧