人気ブログランキング |

昨夜から激しい雨で

東海地方は夕方から雨は上がるようですが、鬱陶しいものです。

母の日に妹がやってきた。
若くて結婚して翌年には義父が亡くなって商売をやりながら40代の姑に仕えてきた。
何かにつけて辛い時があって、何度帰ってきたことか。
「好きで行ったんでしょう?」と恋愛結婚した(できちゃった婚)妹は、
その度に私に言われた。

これを読む妹は当時を思い出して泣けるでしょう。
大爺が何も言わずに、相手のお宅に出かけて行って父親になる子に結婚の意思を確かめ
結婚を決めてきたのだった。
義理の弟はスポーツマンでなかなかのハンサムで申し分ない青年だった。
時代が時代だったから大変な噂だったでしょう。

商売しながら3人の子育て、義弟は仕事より遊びに忙しい人だ。
一通りの遊びが終わって今は山登りを趣味にしてる。

数年前から義母がアルツハイマーになって骨折を繰り返し今回施設に入った。
妹は施設に入れるのは泣けるくらい辛がった。
「やっと解放されるのではないの?」と言ってあげてるのだけど「情」なのでしょう。

娘が二人いて訪ねて来てくれても誰か分からない。
あなたの事は分かるの?と聞くと「お母さん」と分かってる。
(嫁の事を孫たちと同じようにお母さんと呼んでいた。)

後ろめたさもあったけど連休に義弟と山登りに行って来たと言う。
下山して帰宅する時に、幸せを感じたと言うのだ。
外出の度に帰宅時間を気にしたり、
ご機嫌の悪い所に帰り、出かけなければよかったと後悔があったけど、
それがなくて嬉しかったと言う。

長生きの時代、家に入った人は拘束される時間が長い。
外の子どもは、連休中に実家に帰ったら日ごろに感謝して家事を手伝わないと・・・

アハハ、昨今は遠慮する嫁はいないかな、親の方が気を使ってるかも。

それで母の日の昼に寿司を買って来て一緒に食べた。(自分を解放・笑)
夕食はお土産の*朴葉味噌、*鱒塩焼きで母の日を祝う

我が家の日曜日、母の日の夕食(5月8日)
予定では昆布〆の鯛で押し寿司だったのだが変更
*生シイタケを焼く

c0119197_10240096.jpg
*巻寿司の残り
c0119197_10211526.jpg
我が家の月曜日の夕食
久しぶりにファーマーズに出かけたらソラ豆やベビーコーン、ズッキーニーなど沢山並んでた。

*お土産のうずら豆とゾラ豆のサラダ
*新じゃがの蒸し
*セグロイワシの唐揚げ

c0119197_10335195.jpg
我が家の火曜日に夕食
*煮込みハンバーグとズッキーニーのオリーブオイル焼きの付け合せ
*新じゃがとインゲンの煮物
ホクホクでジャガイモが美味しい。
*野菜サラダ
*ウズラ豆甘煮
*安いテーブルワイン(アルパカ)


c0119197_10373370.jpg
掲載順番が逆になってます。


by weloveai | 2016-05-11 10:52 | Comments(24)
Commented by oshibanayoshimi at 2016-05-11 11:13
一昨日、昨日の西日本の雨が、そちらに行ったのですね・・・
よく降りました。

妹さんのお話・・・今、幸せでよかったです! ホッとします。
お姑様に気兼ねして、里帰りも儘ならなかったでしようね。
今時のお嫁さんになりたいすですね・・・
Commented by eblo at 2016-05-11 11:15
痛みをこらえてこれだけの料理?
Fさんは?
嫁・姑どこにもある話みたいですね。
昔、我が家のお隣さん、交代で相手の愚痴話に来ました。
でも一緒に帰るときの姿は中良さそう。
姑さんが亡くなったとき一番がっかりしていたのはお嫁さんだったし。
他人には分からない情があるんでしょう。
たしかに今は姑さんが遠慮しているみたい。
嫁が強くなったのか、息子が弱くなったのか?
妹さん、これから新たな人生の始まり、お姉さんのように自由な?。
そうでもないですよね。
Commented by Deko at 2016-05-11 14:14 x
姑さん(同居)をもったひとでないと分からないと何時も姉には言われていました。姉も98歳で姑さんを見送りましたが92歳の時の施設へ姉が大変になり兄弟姉妹で順番に面倒をそれから大変な事が分かり施設へ入れました。それでも姉は色々呼び出されたり季節に衣類の入れ替え等色々ありました。書かれていたように息子や娘事も忘れ姉だけをママママと呼んで頼りにしていたそうです。妹さんも気がかりな事があり出かけても楽しめなかった事でしょうね。お互いに歳相応になり先が見えてきて好きなことができる今がその時が大切ですね。
Commented by marsha at 2016-05-11 14:57 x
「苦あれば、楽有り」,でお妹さんは 数々のご苦労の末、手に入れられた幸せ、存分に楽しまれると良いでしょう。 
一度だけの人生ですもの、老後くらいは ゆっくり自由に暮らしたいでしょう。

お姑さんを施設に、これも致し方ないでしょう。
ご近所でもお姑さんが九十八歳の時に施設に行かれて
その時はお嫁さんは申し訳ない気持ちでいっぱいだったという。今でも時々お姑さんは家に週末だけ帰って来られますが、ご自分から進んで施設に帰ると云われるそう。 でも、その都度、申し訳ない気持ちが先に立つと。
こういう気持ちが大切なんでしょうね。 



Commented by daifukuobasan at 2016-05-11 18:20
友人のお姑さんも、しまいには娘さん達の事は何もわからなくなって、○○ちゃん、○○ちゃんと、友人ばかりを頼りにしていました。人の心ってそういうものなのでしょうね。
焼いたしいたけに乗っているのはホウバ味噌でしょうか?
Commented by cosumosu52 at 2016-05-11 23:33
何だか母と兄嫁の話と重なります。
妹さんと同じように兄嫁も50年母につかえました。
20才でお嫁に来て今、70才です。
45年ぐらいは昔のお嫁さんをやっていましたが、ここ数年は今風のお嫁さんでした。(^-^)
昨年の暮れから特養に入れましたが、今、103歳ですから
良く見ていただいたと思っています。
私のことは分からなくなりましたが、兄嫁のことはちゃんとわかっています。長生きの時代、この先、心配になります。
ピンコロが理想ですがそうもいかないでしょう。
Commented by weloveai at 2016-05-12 06:41
Yoshimiさん
今日はいいお天気で、ホッとします。
嫁ぎ先は遠くないのに遠いのです。
若い時は用事があって来てても電話が掛かってきました。
[先ほど帰りました]と嘘をつきました(笑)
普通なら,ゆっくりしてきなさいと言って出しますよね
まだ、居るのかと電話などしませんネ。(笑)
yoshimiさんもお嫁さんの立場で長い事がんばられた賢いお嫁さんです。
Commented by weloveai at 2016-05-12 06:43
Ebloさん
私は料理をするの好きです、あまり苦になりません。
Fさんは毎食 食洗機替りをしてくれて優れてます。
咳をする、寝返り打つのが痛いのです。
自分の母親より長くいるんですから気心は知れてると思います。
遠慮なくものが言える様になっただけ良いでしょう。
愚痴を言い終われば帰って行ったんですからね(笑)
Commented by weloveai at 2016-05-12 06:43
Dekoさん
同居の嫁の立場はなった人しかわからないでしょう。
「お姉さんは自分の親だからいいけど嫁の立場は違うのよ!」と妹もよく言ってました。
Fさんが僕の立場と一緒だよと笑います。(笑)
介護が始まるとお嫁さんだけでは無理ですね。
歩いて10分の所ですから毎日顔を出してるようです。
Commented by weloveai at 2016-05-12 06:44
Marshaさん
今回は、初めて妹の声が明るくなったと思いました。
鬱状態になったり、かわいそうな時がありました。
足の骨折で歩くことが現在出来ないでいます。
階段ばかりの家で移動に車いすが使えません。
入所してしばらくは脱力状態だったのですが行動する気になったようです。。
一人だけが犠牲になってならないと思います。
過去に何があっても情が存在した事が救われます。
Commented by weloveai at 2016-05-12 06:44
Daifukuobasanさん
身近にいる人が一番頼りになる事は分かってるんでしょうが
それに早く気づくといいんですけどね(笑)
お土産の朴葉味噌です。
Commented by weloveai at 2016-05-12 06:45
Cosumosuさん
同居は悪くないですが、自分の親の様には嫁は振る舞えませんもの
大変さは理解は出来ます。
言い合っても実の親子は一晩で直りますが、嫁姑では大きなしこりが残ります。
50年、双方で色々な思いがあったでしょうね(笑)
頼りにされてお姉さまは癒されている事でしょう。
Commented at 2016-05-12 07:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by weloveai at 2016-05-12 07:13
老後は世話かけたくないと誰も思いますよ。
感謝の気持ちを持っていることが一番大事でしょうね。

親を看るのは当たり前と親の背中を見て育ったでしょう、見せると言う事は大事な事だと思います。
育てたように子は育つ。
Commented by ビックリマン! at 2016-05-12 09:42 x
雨は止みましたが肌寒いような曇り空です。
       心もすっきりしません。
特別何も言わなくても子供や孫は
老人たちの生きざまを見ているんでしょうか。?
誰もが通る道ですが自分にとっては未知の世界です。
Commented by o-hikidashi at 2016-05-12 10:00
回遊人が…と一笑されそうですが、まったく恋愛ではないけれど少し妹さんと立場が同じです。
近所でも評判のきつい姑でした。
まあ自分の父親も雷オヤジの厳しい人でしたからなんとか。
何度か離婚しようと思うことがありましたが、年老いた姑を置いては出て行けない最後まではと思う気持ちに。
最期となった入院先で「うららさんに言うよ!」と嫌なことをされた看護婦に言っていたとか。^^
義父も義母も旅立ちがわかっていたのか、最後にありがとう。
こういうこともあって?今はこそっと計画鉄砲玉バーサンとなって回遊しております~。
Commented by weloveai at 2016-05-12 18:06
ビックリマンさん
今日はいいお天気でした、そちらは風が強かったでしょうか?
この先を考えると正直不安があります。
健康で長生き出来たらいいですが、迷惑だけは掛けたくないと思います。
ぴんぴんコロンの願いは切実になって来てます。
子供たちは親のしてきたことを私はよく見てると思います。
Commented by weloveai at 2016-05-12 18:07
うららさん
回遊人さんになった理由がよく理解できました。
ご苦労があったとは、今までおくびにも出さず、
こんな賢いお嫁さんをどうして気に入らなかたのでしょう(笑)
可愛い息子を取られたと嫉妬もあったかも(笑)
お世話になるんだからもっと早くわかってよと思いますよ。
われらも行く道、感謝の気持ちを忘れてはいけませんね
Commented by o-hikidashi at 2016-05-12 20:35
きやっ!!凄いコメ返!
賢い嫁可愛い息子、まったくずれてまーす。
妹さんところも同じ、人は最後にはわかり合い信頼し合ってくるのでは。
で、可愛い息子は決してなくいつしか息子の愚痴をワタシに~。^^
まあ人生ってこんなもんじゃないですか。
Commented by aomeumi at 2016-05-13 12:15
青目
嫁と姑にはそれぞれの物語がありますね。うちは西部劇並みの闘争が・・・いつかは終わるものだけれど・・・。
どれもおいしそうで・・・テーブルが素晴らしい。献立をメモしました。忙しくてマンネリ・・・ありがとうございます。
Commented by sako375 at 2016-05-13 23:16
ユスラウメさんには妹さんがいらっしゃったのですか。
この年にならないと、義父母との確執は解決しません。
解放されても,却って寂しい。つらかった分だけ絆も深くなったのですね。
大婆様の母の日にいらっしゃれてよかったですね。
これから,何事もご自分のペースでお過ごしなさいますよう。

ワタシは、オットは次男で、日本にあまりいなかったこともあり、全く期待されていないヨメでした。
義母は穏やかで優しい人で、老衰でしたから亡くなるのは分かっていたとはいえ、自分の母親のときより喪失感が大きかったですよ。
女性は、どうであれ『(配偶者を含め)周囲の人』次第なのですね。
Commented by weloveai at 2016-05-14 06:11
うららさん
的外れてますか?そんなわけないでしょう。
育った環境が違う物が一緒に暮らすんですから立場が逆転する時までは親は親でいたいでしょう。
息子の愚痴を言う所も似てますよ(笑)
私はその親の顔が見たいと言ってあげました(笑)
Commented by weloveai at 2016-05-14 06:12
青目さん
西部劇並みの決闘ですか?
面白い表現です、ドンパチされたんですね。
穏やかな青目さんから想像できないです。
我が家もマンエりの献立の毎日です。(笑)
Commented by weloveai at 2016-05-14 06:13
Sakoさん
義母が認知になってお世話が大変でも神様のプレゼントだと思ったと妹は言ってます。
穏やかになって妹を全面的に頼ってくれるようになりました。
長男の家に嫁いだ娘が二人いてお正月に実家に帰って来ても
嫁を返す事はありませんし自由を与えない自己中な姑でした。
我が母より若いのですが妹が出掛ける時に私の食事はと言う人でした。
配偶者の出来が一番左右するでしょう。
悪い義弟ではありませんが妹に甘えてる部分が大きかったのでしょう。
我儘な母親でも大事にしてます、そこが大事ですね。
名前
URL
削除用パスワード


遠くに離れている家族に故郷の香りを伝えます


by ゆすらうめ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
日記
我が家の夕食
パーティー
太郎の手紙
日本からパパへ
かわいいお弁当
絵画
悪魔の辞典
庭の花・木
家庭菜園
原風景ギャラリー
Village Tree の子ども達
私の原風景
アメリカにて
その他
レシピ

以前の記事

2019年 11月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
more...

最新のコメント

私の母は明治生まれで、認..
by rui-asami at 08:34
寂しくなりましたー。 
by marsha at 08:49
今、悲しいお知らせに接し..
by marsha at 15:04
悲しいおしらせですね。 ..
by 匿名 at 22:11
お元気でしょうか。 台..
by ikutoissyo at 23:12
こんにちは。 長い..
by marsha at 12:32
台風被害がないことを願っ..
by noboru-xp at 10:19
おはようございます。 ..
by marsha at 09:19
今日は9月10日火曜日の..
by marsha at 05:26
立派な良い梅をありがとう..
by marsha at 08:21
豪華版のお夕食をただ今頂..
by marsha at 17:17
「休ぶ届」って開く度に ..
by marsha at 13:29
ハイ、拝見しました。 ..
by marsha at 11:48
Mmarshaさん あ..
by weloveai at 11:26
今日は何の日? おめ..
by marsha at 07:58

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

画像一覧