<   2014年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

夏が終わった・・・・の





More
by weloveai | 2014-08-30 08:29 | 我が家の夕食 | Comments(24)

ママは疲れて風邪引いた


2週間ピアノコンサートの為にホームステーしたお姉ちゃんたと
ホストファミリーの僕の家族。
c0119197_10301489.jpg


コンサートまでのレッスンは毎日で
本番前はサクラメントまで出かけ総練習で1日がかり
ママは、毎日3度の食事作りと送り迎えでフル回転だった。

僕が参加した10台のピアノ演奏の舞台
c0119197_10345529.jpg

これは僕の練習写真
バアバ 間違いなく弾くには練習しかないよ
僕は間違いなく弾けた。
本番は暗くてママの写真テクニックでは写ってなかった。
c0119197_10354927.jpg


正装をしたよ。
c0119197_1037016.jpg


演奏が終わって記念写真
大きなお姉ちゃんは、難しい曲を弾いて凄く緊張したんだって、
でもやり終えてホッとしたみたい。
c0119197_1041156.jpg


ラストに弾いたお姉さんと記念写真(向かって左側)
ママは演奏を感心してた。
c0119197_10562183.jpg


僕達が習ってるリンダ先生
とても厳しいけど優しい。
Jiroも一緒にレッスンに通ってるよ。
c0119197_10542582.jpg



ニュージャージーから来たお友達と、とても仲良くなった。
c0119197_10445385.jpg


僕達とママは14日から新学期が始まっている。
この夏のイベントは16日で終わった。

それで、又サッカーを始めてるよ。

又ね。
by weloveai | 2014-08-27 11:11 | 太郎の手紙 | Comments(20)

講習会・・・

連盟夏期講習会に参加
c0119197_1331310.jpg

呉 越先生の講演(呉昌碩記念館執行館長)
呉昌碩四代目曽孫先生を中国からお迎えして「呉昌碩先生の生涯」の講演、
席上揮毫(せきじょうきごう)

c0119197_1343144.jpg

呉昌碩先生から学んだ隷書の筆使いでノウゼンカズラ
c0119197_1344420.jpg


二日目は{「漢字秘話」
大谷青嵐先生
中国から呉 越先生をお招きしての講演も
中国訪中111回で築かれた文化交流を続けた大谷先生のご努力があっての事、
教室では先生から色々と講義があるので随分、得してる社中なのです。
殷時代に出来た漢字になる前の文字です。
現代の文字を当ててみて下さい。
c0119197_1322783.jpg

「萬」
c0119197_13285351.jpg


c0119197_13234147.jpg

「集」
c0119197_13244953.jpg


c0119197_1324298.jpg

上と同じ字です。
c0119197_14125347.jpg

懇親会
420名近くのテーブルです。
これだけの人数の食事では・・・・載せる写真なし
c0119197_1342179.jpg


呉 越先生の講演は日本語です。
歌われた歌は「北国の春」体格もよくて大変よく通る声です。

c0119197_13435447.jpg


会場を盛りあがたのは、浜松祭りの練りです。
このリズムを聞くと地元でなくても誰もが参加したくなるようです。
会場いっぱいに練り歩き大変盛り上がりました。

c0119197_135137.jpg


More
by weloveai | 2014-08-26 15:23 | 我が家の夕食 | Comments(24)

お元気ですか皆さん

土曜日1曲




今年中学の同窓会をお休みした。
出席した友からA子ちゃんが亡くなったと聞かされた。
バスケットクラブの仲間だった。
これで5人いたクラブの友2人が亡くなった事になる。
元気で体格の良い二人だったのに・・・・・・
アルバムを開いてみる。

変わり映えしない夕食
by weloveai | 2014-08-23 06:45 | 我が家の夕食 | Comments(22)

「土用の丑に・・・

うなぎは高くて食えなくて、肝だけ食ったけどさ~~
うなぎ喰いてぇよ。」

「盆休みに大爺に手を合わせに帰るよ」と1年ぶりに帰ってきた息子。

土曜日の我が家の夕食
「チョッと これ馬刺し??、すげいジャン~~」
お土産に頂いた熊本の馬刺し
c0119197_11314535.jpg


 「お願いですから今夜は食事は要らないので俺の分、切らないで仕舞っておいてください。」
これから出かけてきますと出て行った。 

c0119197_11263623.jpg



日曜日の夕食
「今日も夕方から出かけるような事言ってたよ」
それも、あり得ると控えめに準備した。
*手巻き寿司
 少量の刺身 漬物

準備を横目で見ながら「旨そう~」と言って出て行って午前様。
c0119197_1134484.jpg


月曜日の我が家の夕食
「一緒に食事しなかったわね」
「鰻も馬刺しもお持ち帰りしますか?」
「いや~~誕生日だってね、 一緒に祝っていくよ」と、休みを1日伸ばして、
やっと一緒の食事


このセッティングをみて。
「ええ~飲まないの?  いや飲むでしょう~~??」
だったら、鰻を焼くの後にしてくれないと言われたテーブル。

c0119197_11363831.jpg


「この旨そうな馬刺しで乾杯して飲んでから鰻でしょう~~」

「やあ~~最近こんな旨い馬刺しは久しぶりだよ
これ最高だよ」

タイミングよく頂いた馬刺し、本当に美味しかった。

飲んだら焼くのが、めんどくさいと言ったら
「自分で焼きますよ」と言う。
グリルに付きっ切りの彼を笑ったら

「ちょっとしたサーロインの値段だよ
 大事に焼かなくっちゃもったいないよ」と自分で丁寧に焼いた鰻。
c0119197_11403019.jpg



大満足で今朝 帰って行った。
by weloveai | 2014-08-19 12:49 | 我が家の夕食 | Comments(48)

ザ・コラムから「戦後69年 抑えきれない怒りの行方」

ニュースとは、Newsと言うくらいだから新しくないと話にならないだろう。
どれだけのマスコミが「被爆者代表の城臺美彌子さんの平和の誓いの全文」の異変を掲載 報道してくれたかわからないが私はここに記録しておきたい。

8月9日長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典
私はHisakoさんのこの記事からside Discussionさんへ飛んで
被爆者代表の城臺美彌子さんの平和の誓いをYouTubeで 聞いた。
その時、よくぞはっきり言ってくれたと画面に拍手した。

16日の朝日新聞のザ・コラムに「戦後69年 抑えきれない怒りの行方」と題して
大久保真紀(編集委員)の取材記事が載った。


9日。長崎市で開かれた原爆犠牲者慰霊平和祈念式典の会場にいた。
台風11号の影響で時折強い風が吹く中、午前11時10分すぎ、
被爆者代表が壇上で、「平和柄の誓い」を読み始めた。
会場で配られた式次第に印刷されている文面を目で追っていると、異変が起きた。

「今、進められてる集団的自衛権の行使内容は、日本国憲法を踏みにじった暴挙です」

暴挙!!なんと強烈な表現だろう。
式次第にあった文面は
「今、 進められてる集団的自衛権の行使容認は、武力で国民の平和を作ると言ってませんか」だった。

異変は続く。

「日本が戦争のできる国になり、日本の平和を武力で守ろうとするのですか、武器製造、武器輸出は戦争への道です。いったん戦争が始まると、戦争は戦争を呼びます・歴史が証明してるではありませんか」

文面にはない怒りの言葉が、被爆者代表の女性の口から発せられた。
 ここ数年、私は現地で式典を見てきた。
事前に用意した「原稿通り」が普通だった。
この日も田上富久市長「長崎平和宣言を」を、来賓の安倍晋三首相があいさつを、
配られた文面と一字一句違わずに読み上げている。

なぜ異変は起きたのだろう。
式典後、「平和の誓い」を読み上げた被爆者代表の城臺美彌子(じょうだいみやこ 75歳)さんを、
長崎市内の自宅に訪ねた。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
「黙っていられなかったんです」

城臺さんは、とっさの判断だったと打ち明けた。
当日は、式典開始一時間半以上前に会場に到着。
自席で待機しながら、昨年10月に被爆者代表になる打診を受けてから日々を振り返っていた。
特定秘密保護法の制定。原発の再起動や輸出に突っ走る政府。強調される中国脅威論。
集団的自衛権の憲法解釈の変更・・・・
この1年、日本で起きた余りも多くの異変。その一つひとつを思い浮かべていると、
真正面の来賓席に入ってくる政治家たちの姿がみえた。

公明党の山口那津男代表が歩いてきた。
「平和の党と言いながら 結局、集団的自衛権の解釈変更に賛成したのよね」
民主党の海江田万里代表も来た。
「もう少し国民が民主党政権を我慢しなければいけなかったわね」・・・・・
ほかの党の党首、 大臣らが続き、最後に入ってきたのが安倍首相だった。

「ムラムラと怒りがわき上がってきたのです」。


用意した文面は市役所職員とつめて考えたものだったが、
ここは、被爆者代表として面と向かって抗議しなくては。
そう腹をくくったたのだという。

城臺さんは6歳の時、爆心地から2.4㌔の自宅で被爆した。近所の友達は成人式後にがんなどで次々に亡くなった。38年間小学校の教壇に立ち、16年前から語り部を続ける。孫が七人いる。
「孫世代の子どもたちを戦場に送ったり、戦禍巻き込ませたりすることはあってはならない」
式典後、城臺さんの自宅の電話や携帯電話は鳴りっぱなしだった。
「私たちの気持ちをよくぞ言ってくれた」
被膜仲間や全国から「感動した」との声が相次いだ。

ふと、ある詩が思い浮かんだ

ふたりのこどもを くににあげ
のこりしかぞくは なきぐらし
よそのわかしゅう みるにつけ
うづのわかしゅう いまごろは
さいのかわらで こいしつみ


山形県上山市在住の農民詩人木村迪夫さん(78)の詩集「わが八月一五日」に収録されている歌だ。
木村さんの祖母が、戦後、突然歌い出した歌を、「祖母のうた」として記録したものだ。
祖母は「皇国の母」だった。次男が太平洋の孤島で戦死したことが伝えられたときは、
「名誉の戦死」として赤飯を炊いて祝った。
だが、1946年五5月、木村さんの父で農業の跡取り息子だった長男が、
出征先の中国ですでに病死してた事が分かると、一転した。
蚕室に三日三晩こもって泣き明かし、その後、ご詠歌の節回しで即興的に歌い始めた。
蚕の世話をしながら、祖母は10年間、呪うように歌い続けた。
祖母は字が書けなかった。
「祖母の思いを受け継ぐのはオレだ」。そう思った木村さんは、死期が迫る祖母の枕もとで、
恨み歌を次々書き取った。
昨年まで5年近く、木村さんは山形県の遺族会会長を務めた。
「いまの、日本の状況は慚愧(ざんき)に堪えない」と怒りをあらわにし、「日の丸は嫌いだ」と公言する。
祖母の残した歌の中に、こんな歌がある。

にほんのひのまる
なだてあかい
かえらぬ
おらがむすこの ちであかい

この怒りを理解できますか。

ーーーーーーーーーーーー




誤字脱字があたら教えてください。
by weloveai | 2014-08-17 12:47 | 日記 | Comments(32)

スカッとした空がみたい。


はっきりしない天気は梅雨時かなと間違えてもおかしくない鬱陶しさ
果物のコーナーは、ナシ、ブドウ、イチジクが並び
秋田産の特別大きなスイカが申し訳なさそうな顔をしてます。


土曜日の1曲

by weloveai | 2014-08-16 06:54 | 日記 | Comments(20)

大きな台風が来る年は・・・

夏が短い気がする。
台風一過でスカッとした青空を期待したけど雨
旧暦がぴったりする感じ。



毎日の記録

知り合いが目にはブルーベリーをと言って届けてくれた。
生を冷凍庫で保存すると言うが私がジャムのした。
c0119197_8354758.jpg

プルン プルンのジャムが2瓶出来上がった。
c0119197_836669.jpg

我が家の木曜日の夕食
一人暮らしをしてる叔母の病院行を手伝って
色々な検査があって帰宅が遅くなった。
前日の残り物の天ぷらで素麺にした。
*ベーコンとピーマン、セロリ、アスパラの炒め物
*枝豆

c0119197_8351212.jpg


我が家も金曜日の夕食
ピアノのレッスン日
散々でどっと疲れた。
先生は発表会に参加を期待してくれてるけど弾けないのだ。
もう少しだけど、仕上げが間に合いそうもない。
それで夕食にも力が入らず
*冷やし中華
*豚肉のキムチ炒め
*イカ人参(市販のイカの機械削りを使った)これは全くダメだった。
手抜きしないでスルメをハサミで切る事だ。
*残り物の枝豆
c0119197_8363544.jpg

*花オクラと山芋の三杯酢
c0119197_836464.jpg


風信子さんに教えて頂いたナスの漬物
小さなナスは手に入らないので畑のナスで
この漬物が好きだけど食べ過ぎて胃が痛くなる。
c0119197_836552.jpg


我が家の土曜日の夕食
二日もサボったらやる気が出て買い物に行ってきた。
*鯵フライ*イカのリングフライ
*残りゲソ焼き
*ナスのオリーブ焼きに甘味噌
*トマト、*野菜のピクルス
c0119197_837736.jpg



我が家の日曜日の夕食

従弟が飲に来ると言うので準備した。
若い時はこんなことなかったけど、齢なんだろう。
息子夫婦と同居して愚痴も言いたいが
男だから直接的な事は言わないが、しかし見てれば分かる。

「あなたの若い時はどうだったのよ?」
長男で親と同居、お嫁さんが意固地になったのは親の性格にもよるのよと話せば
仕事で家にいない夫は何もわかってない
「親が口うるさかった」と言えば、そうかな~~と悪くは思いたくない。
今は同居の立場は逆になった。

c0119197_902936.jpg

祖母がトロ箱買でワタリガニの甘辛煮をよく食べた
それをやはり記憶してて話が弾んだ。
*ワタリガニのピリ辛
c0119197_838285.jpg

うららさんの所で見たトマトのサラダ
*フレンチドレッシングに玉ねぎの微塵切りとアンチョビを少しとマヨネーズを混ぜる
我が家のトマトに塩だけがいいと言ってたが
このドレッシングは気に入ってもらった。
c0119197_8381215.jpg

*揚げピザ
梅干し、昆布の佃煮、ミニトマト、チーズ、大葉
c0119197_8382491.jpg



我が家の月曜日の夕食
又 手抜き

*明太子入り卵焼き(半熟の卵焼きは生臭いので嫌い。)
*簡単プルコギ
*トマトサラダ
*かりもりの漬物   *ナスのベッピン漬け
c0119197_8383479.jpg

by weloveai | 2014-08-12 09:35 | 我が家の夕食 | Comments(33)

台風はどこに上陸?



花オクラ

c0119197_17364160.jpg


懐かしむ。
by weloveai | 2014-08-09 05:51 | 我が家の夕食 | Comments(28)

免許証の更新月で

ゴールド免許で更新の時が来た。
どうも気になってる事がある。
免許証の写真かって?
今と比べて5年前の写真だから本人には見えない。。
時の流れは残酷なのだ。

問題は更新の時にする視力検査

ブログ友の「元気ババさん」が
白内障の症状と手術の経過の掲載をしてくださったのを読み
私も怪しくないかと眼科に1週間前に予約して出かけてきた。
病院は混でた。
診察して下さる先生は、今日は、お一人(院長のみ)
その前に検査は検査技師さんが全て行う。
まさか、瞳孔を開いて眼底検査があると思わず車で出かけた。
車で来てる事を伝えると片目ずつ2回に分けてする事になった。
右目
飛蚊症に白内障と診断された多くはカレーだって
シチューとは言わなかった。(@_@;)
やはり、見るものすべてにベールが掛かった状態に見えてたのはこれだった。


目薬が出た。
薬剤師さんに右目だけでいいんですかと聞いたら、
両目に注すようにと答えが返ってきた。
左目も早くもカレー診断なのかいナ??

c0119197_15564260.jpg


献立記録
by weloveai | 2014-08-07 16:48 | 我が家の夕食 | Comments(34)


遠くに離れている家族に故郷の香りを伝えます


by ゆすらうめ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日記
我が家の夕食
パーティー
太郎の手紙
日本からパパへ
かわいいお弁当
絵画
悪魔の辞典
庭の花・木
家庭菜園
原風景ギャラリー
Village Tree の子ども達
私の原風景
アメリカにて
その他
レシピ

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

最新のコメント

グリンダさん 全く同感..
by weloveai at 15:47
Mimizuさん >パ..
by weloveai at 15:43
Sako375さん ご..
by weloveai at 15:07
Dekoさん 折角の..
by weloveai at 14:57
ぼんやり遠く男さんの状況..
by weloveai at 14:47
青目さん お友だちのご..
by weloveai at 14:44
夫婦は人生の荒波を共に乗..
by daifukuobasan at 06:18
>愛が薄くなってる高齢の..
by mimizu-clone at 01:26
一昔前のご夫婦はそんな感..
by sako375 at 21:12
こんにちわ 迎賓館は前..
by Deko at 16:38
それほどでっかい大型店で..
by ぼんやり遠く男 at 14:57
青目 うわっ・・・私た..
by aomeumi at 10:07
鍵コメントさん みなさ..
by weloveai at 09:03
おはようございます 今..
by weloveai at 09:00
おはようございます。 ..
by nagotu3819 at 08:03

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

画像一覧