<   2012年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

日中は我慢してますが・・・・

開け放った室内32度

温度計を見たら駄目だヮ

辛うじて風があるので我慢できる。

夕立がないかしら。





我が家の土曜日の夕食
c0119197_13465055.jpg


献立にも困ってるのですが、
大爺の食欲が落ちて(薬の副作用)
連日刺身でも刺身なら食べるのです。
好きなものしか食べたくないと我が侭になってきたのかもしれない。
*鰹の刺身
*畑の野菜の味噌煮
ナス、ゴーヤ、インゲン、ミヨウガ
*オクラの梅、鰹節和え
*チーズ

日曜日の我が家の夕食

c0119197_13512279.jpg

*ヒジキの煮物
*アナゴ
*ポテトサラダ
*トウモロコシ
*アーモンド、チーズ

パパと幸せな時間
by weloveai | 2012-07-30 14:22 | アメリカにて | Comments(20)

暑中お見舞い申し上げます。




昨日は猛暑に中〈37度)静岡まで展覧会へ
静岡駅から歩いて10分便利な所にあるのに
この暑さの中10分歩くのはきつかった。

駿府博物館
「館蔵展+大谷青嵐コレクション「多彩な書 日本★中国 黒白の空間」
c0119197_8511187.jpg

甲骨文字
大変貴重な資料


甲骨文字初の競売
競売のものは、大きいもので手のひらサイズと書かれてあたから、
この数点の展示物は大きさから言っても貴重なものになる。

c0119197_8512555.jpg

硯も珍しい古端渓の目を見張るものばかりだった。
c0119197_8525336.jpg


お稽古場でも気軽に見せていただけるので、貴重な感じがない。
我々にはこの貴重な資料の値打ちが判ってないので 猫に小判。

改めて展示物の解説を見る恐れいります。

隣り合う美術館のはしご
静岡市立美術館
新しくなった美術館に初めて入った。
「七夕の美術」
「星に願いを」
今も昔も変わらない願い事の七夕 美しい展示でした。

各駅で往復2時間20分
ショッピングに町の中歩く事半日 まだ見たりないお姉さまもいましたが、もう動けません。
熱風の人ごみの中大変疲れました。

我が家の夕食記録
by weloveai | 2012-07-28 06:56 | 日記 | Comments(18)

干からびそうなのは・・・・・

梅よりも干してる婆の方


暑い!!!!

c0119197_8475729.jpg

by weloveai | 2012-07-27 08:48 | 我が家の夕食 | Comments(10)

恐竜は燃えていた。

「恐竜の夏休み」
東北の被災地の子供のところを巡回してた恐竜が浜名湖に来た。
東北の子供たちも夏やすみ、恐竜に逢えるのを楽しみにしてただろうに
なぜ恐竜君が夏休みをとったのか理解できなかった。


c0119197_824231.jpg



昨日その訳がやっとわかった。


太陽に照らされた恐竜は燃えてるのだった。

車のボンネットで目玉焼きできるのと同じ様に高温になっていた。

この太陽が照りつける暑い時期 子供たちが恐竜に触ったら危険である為
巡回は休憩で避暑地にやってきのだった。

c0119197_810785.jpg



いつものメンバーで出かけて来た。

鉄人さんがのんびりとされてる所にお邪魔した。
c0119197_8115835.jpg


スライドを見せていただいた後
鉄の可愛いペンダントを選ぶ
c0119197_8121415.jpg


お休み無しで働きどうし
やっと休養が出来て体調も良くなってます。

婆一行様に「卒業写真」を1曲プレゼントしてくれた。

顔に似合わず、(お顔も優しい) 甘い優しい いい声です。
c0119197_8123026.jpg


 旅行日記
by weloveai | 2012-07-26 09:13 | アメリカにて | Comments(18)

溶けてしまいそうな暑さ。

猛暑日が続く天気予報
昨晩は暑くて寝苦しく夜中に網戸にした。
冷たい空気が流れ込んできたけど、湿り気を感じ
余計に不快だった。


月曜日の我が家の夕食
*冷凍庫のエビ塩茹 
*ゴーヤと青紫蘇の醤油漬け和え
*インゲンとインゲン豆の胡麻親子和え
*ブリカマの煮物
c0119197_1325722.jpg


火曜日の我が家の夕食
*鰹の刺身
*豚冷シャブ
*赤毛瓜の酢の物
*サラダ
c0119197_133472.jpg



赤毛瓜
皮を剥くと白い
c0119197_1342462.jpg

ピューラーで剥く
このままの味はスイカのしろいところにそっくりな味でキュウリとは違う。
少し硬い、塩もみしたら柔らかく歯ごたえのある別の食感になった。
甘酢漬けにした。
c0119197_1351585.jpg


二人の遊び
by weloveai | 2012-07-25 13:18 | アメリカにて | Comments(8)

ご褒美は?

人口池を囲み家が立ち並ぶ
c0119197_13402418.jpg



ハットトリックのご褒美を聞かれたJiroはアイスクリームと魚釣りと答えた。
c0119197_13271964.jpg


それぞれにリールに疑似餌
c0119197_1329222.jpg


小さな魚がいるのが見える。
c0119197_13492022.jpg



何度も竿を振り回し なんとなく様になって嬉しそう
c0119197_1330364.jpg



池の中ほどには、大きな魚がいるのか時折飛跳ねる。
3時間ほど楽しんだが1度だけ魚が掛かったが落ちた。
落とした魚のサイズは両手を開いたサイズだったとTaro
パパに「今夜のディナーに出るサイズだ 残念な事だった」と 慰められていた。


c0119197_13471724.jpg


我が家の夕食
by weloveai | 2012-07-23 16:14 | アメリカにて | Comments(16)

始まってます。

鉄人さんのブログを拝見してると
毎日が鉄人だけが出来る脅威のスケジュール
その合間に被災地の子供に笑顔を取り戻して欲しい恐竜を巡回させて来ました。
今回は「恐竜君の夏休み」浜名湖の個展

c0119197_7103719.jpg

オープンセレモニーに「岬めぐり」を歌う鉄人さん
お近くの方お出かけください。

花てぼさん お会いしてきましたよ
まだ 少し風邪気味 それでも歌ってくれました。


c0119197_7111027.jpg




カメラのどこかを触ってしまって写真が上手く撮れませんでした。
カメラではなく腕か?
直していただいたのに駄目だったヮ。

景観に恐竜達がマッチして自然
暗かったので写真は私の腕では撮れなかった、昼間に出かけよう。

我が家の夕食
by weloveai | 2012-07-22 07:13 | 我が家の夕食 | Comments(8)

負けたくない !!!

鉄人さん 浜名湖で個展



土曜日の1曲
好きな歌手でした。







************************************************************



二人と毎日のようにトランプをした。
去年は神経衰弱で負けて泣けたTaroは、我々に簡単に勝つ事ができ神経衰弱は卒業だった。
代わりババ抜きを教えた。

「ババ抜きババ抜き バアバ抜き」と 囃し立てるJiro

ドラえもんのトランプのバイキンマンカードは裏から見て私には直ぐ分かるカードだった。
運不運のゲームで喜ばすことは、お手のものだったが
Jiroがあっけなく勝つ事が数回あった。
TaroはJiroに負けたことが非常に悔しいのだ。

それを知ってかいなかその度に
半べそ不服顔のtaroの前でコーヒーテーブルの上に飛び乗り
得意げに雄たけびを上げる。

「 I ‘champion!!!]

勝った時の喜びを体全体で表すJiro
この得意げなポーズはアメリカ人の血?
c0119197_8451999.jpg




それがです・・・・。


到着日はJiroのサッカーの試合で空港に来なかった。
c0119197_8495781.jpg

ルールは大人と同じで、混合チーム(なでしこチームを脅かす未来のアメリカ選手)
スパイクの裏を見せる。
c0119197_847731.jpg

その日の試合にJiroはハットトリックだった様で
父兄から賞賛の嵐だったと聞いた。
c0119197_8484583.jpg



そして次の試合も又 ハットトリックで
パパは飛び上がって喜んだ。
c0119197_8524650.jpg



3歳から4歳までのチームで9月生まれのJiroは、体格からゴールを決める事はありうる。
毎日TAROと自転車を乗り回し走り回るJiroの足は確かに強くて早い。
c0119197_851480.jpg



イャア~ 
バァバ馬鹿を披露してるもではなく
家でする、あの得意のポーズを試合でするかと思いきや・・・・・・









c0119197_9184391.jpg





ゴール決めると

下を向き、指を絡めながらもじもじしてるのだ。



その時の顔のJiro。
c0119197_8541337.jpg


家とは全く違うJiroを見た。

それが可笑しくてゴールを決めたJiroの気持ちは、どうなのか?

控えめな日本人の血かな?

ゴールポーズは、しないのと聞いても返事がなかった。


トランプに負けて泣けるTaroと負けてもどうこうないJiro
それでも、どこかライバル心があるのか家でのガッツポーズは面白い。
by weloveai | 2012-07-21 06:20 | アメリカにて | Comments(16)

初めてのお使い??

二人も普段の日常の戻っただろう。
家にいつもと違った人がいる事は、子供でも落ち着かないだろう。
寝る時間にしても日ごろより遅くなり、
爺婆と寝たいとなって爺と寝たけれど爺のいびきでTaroは寝られなかったと寝不足。
jiroは私と一緒に寝て、いつまでも寝ないで昼寝。
ママは、子供を見ていてくれる目が欲しいだろう。
アメリカでの子育ては、子供から目を離さないでいる事が必要で大変だ。




帰国一日前に家族とさよならをしてサンフランシスコに出た。
初めての電車の二人旅に「初めてのお使い」だとママは笑う。
時刻表を印刷してもらい
困ったら時の為に
「We get off Emeryville」と紙に書いた。
Emeryvilleの発音をTaroに何度も直され

最後は「Emeryvilleのvilleを建物のビルと言えばぁ~」と娘 

ハハハハ  私は耳も悪い。

サクラメントから[Amtrak Californiar」で 

「きっとシルバー料金で行けるわよ。バアバも62歳過ぎてるわよね」

 ギック!!  
シルバー料金??
嬉しいような・・ 複雑  でも 一人10ドル安くなったので許せる。

c0119197_9392077.jpg


たまたま、写真に映った女性は、痩せてる方の人
プールにも出かけたけど小錦クラスの方ばかり、
どうやったらあすこまで太れるのだろうかと変に感心
でも皆さん胸を張って堂々としてた。
c0119197_9334275.jpg



外国の駅も始めてで記念写真
隣の方 夏風邪 目患い  どうでもいい顔なんですがシャイなんです。
「誰も見ませんよ」と 言っても駄目なんです。
c0119197_9492670.jpg


TaroとJiro は電車には乗りたいけど、
これから、さようならする事が分かってて荷物運びのお手伝い。

c0119197_933423.jpg


「又ね」 と ハグして電車に乗り込む。

ローカル線、1時間40分の旅
電車の広さはゆったりとした新幹線と言った感じ。
c0119197_942135.jpg

電車の中の改札でチエック済の標し
車窓さんは、降りる駅に近づいたら「後5分ですよ」と知らせてくれた。
(にも拘らず・・不安  私ではありません)
c0119197_9352836.jpg

途中景色は、良くないわよと言われたけど
延々と続く畑、牧草地  夏が乾季の草原の茶色の対比を見ながら
c0119197_936971.jpg


遠くに黄色はひまわり畑
ひまわり油をとるのでしょう、背たけは50センチもない。
そうでした、ひまわりの種も食べてます。
c0119197_937539.jpg


沿岸部に近づくと波際いっぱいの線路に「津波」って考えないのだろうと思ったりした景色だった。
映画の「フォレフトガンプ」に出てきたエビ漁でもするような沿岸
c0119197_9365474.jpg


時刻と駅数を数えながら無事下車した。
韓国の手芸ポジャギのようなタペストリーとでも言うのかな素敵だと思った。


c0119197_9375899.jpg

ここで従兄弟が出迎えてくれる事になっていた、でも姿は見えなかった。
間違いなく下車できたので心配はしなかった。

でも、あの方は本当に この駅か不安になったようだ。
携帯を始めて使ってみる気になってあの方は娘に電話した。
「降りる駅名をもう一度 言ってみて」
「Emeryvilleよ」

(ホホホ 聞かなくてもあってるわよ。)
あの方は従兄弟が来るまで不安そうだった。

帰国の前日の話
by weloveai | 2012-07-20 10:12 | アメリカにて | Comments(14)

やっぱり遠いよ。

日本を忘れて久しぶりの旅から戻りました。
シルバーであっても まだ仕事してますから、
いつまでも休んでは、いられませんので この日数が限度です。

サンフランシスコは、この時期でも肌寒い
サクラメントは、滞在中 真夏日のブルースカイ
照りつける太陽に、肌が焼けるようでも、
湿度のない爽やかな空気で木陰に入れば暑さを感じない毎日でした。

昨日の成田空港は節電の為か蒸し暑く息苦しい空気だった。

汗が流れ落ちるのが日本の夏だった。

ブログ更新も忘れて、孫たちと毎日毎日遊びました。
孫と遊べるのは短い期間、離れてる分それだけ少ない
一緒に遊んだ事を記憶に残してくれたらと思う。

一年ぶりの会った二人は 大きくなってました。

到着のその日
Jiroのサッカーの試合があってママだけ空港に迎えに出てくれた。
家に着くと二人は嬉しそうな顔で出迎えてくれた。


c0119197_1612534.jpg


「この頭どうにかならないの?」
去年の夏と全く一緒
ただでさえ多い髪の毛、毛皮を着たような頭
どうも、ママは長い髪型が好きな様だ。


お嫁さんだったら言えないけど(私は言うかな?)

ついつい言えてしまった。



c0119197_1613659.jpg



「じゃあ~切ってくるか~!」と、言って車で出かけたと思ったら30分もしないで帰ってきた。

もう、切ってきたの?と言えるくらい短い時間。
理容師さんに特別 技術がなくてもいいようなのだ。







ほら~この方がいいじゃないの!
顔が少年になってきてるTaro

c0119197_16135667.jpg



内弁慶のJiro  
家の中では、Taroと対等にやりあう
先に手を出すのやJiro.
やり返されると特別大きな声で叫び、悪いがTaroだと言わんばっかりに訴える。
この様子を毎日を観てると子供の性格は生まれ持ったものなんだと思う。

c0119197_16144158.jpg




サンフランシスコの帰国便が滑走路に移動して出たら、
機長が整備不良が見つかったので、整備し直しに戻るとアナウンスがあった。
それから機内に閉じ込められて待つ事 2時間
2時間遅れで出発
運行には、心配ありませんのアナウンスを聞かされて不安を懐かない客はいないでしょう。
離陸 揺れ 着陸 無事にと祈った。
神様は居ないと思っているので運に祈った事になる。

当然成田から名古屋の乗り継ぎのお客様は急いでくださいと、機内でせかされて
移動距離を小走りをして(これが長い)入国検査を済ませ荷物カウンターで荷物の出てくるのを待ち
受けとり急いで税関を済ませ
必死に国内線のカウンターにたどり着いたけど、
乗り継ぎ便の出発時間に間に合わず 次の便で2時間近く待つ事になった。
自宅に戻ったのは、夜中の11時だった。

この長い移動の旅は、年々きつくなってきてる。



留守にコメントくださった皆さん 有難うございました。
by weloveai | 2012-07-19 17:07 | アメリカにて | Comments(24)


遠くに離れている家族に故郷の香りを伝えます


by ゆすらうめ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日記
我が家の夕食
パーティー
太郎の手紙
日本からパパへ
かわいいお弁当
絵画
悪魔の辞典
庭の花・木
家庭菜園
原風景ギャラリー
Village Tree の子ども達
私の原風景
アメリカにて
その他
レシピ

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

最新のコメント

Taroくん、13歳にな..
by hanamomo08 at 23:18
Dekoさん ありがと..
by weloveai at 14:08
Imaさん 帰国しての..
by weloveai at 14:00
Taroちゃん誕生日おめ..
by Deko at 11:20
Taroくんのお誕生日お..
by anello63 at 09:33
そよぎさん 暑い夏を母..
by weloveai at 06:47
PochiPochiさん..
by weloveai at 06:37
Yoshimiさん あ..
by weloveai at 06:31
nonちゃん ありがと..
by weloveai at 06:25
道行く人さん 全くぷく..
by weloveai at 06:22
桜さん ありがとうござ..
by weloveai at 06:19
桜さん このブログは二..
by weloveai at 06:16
Ebloさん ありがと..
by weloveai at 06:03
うららさん ありがとう..
by weloveai at 05:56
Chikaさん 捜しま..
by weloveai at 05:47

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

画像一覧