腰が抜けるような体験


Taroのキャンプが2泊3日があった。
僕はパパと二人で留守番だった。
夕食にバーガーキングを買ってもらって
ポテトチップスは食べ放題で、
テレビゲームは1時間もしたよ。
2日目もビックサンドイッチを買ってもらって、夕食に半部食べて
残りをランチに持って学校に行った。
朝は「パパ!朝だよ」って1回起こして
次の日はパパに「起きろ!Jiro」って起こされた。

キャンプに出かけたTaroも、すごく楽しかったんだって
4年生と5年生 6割が参加

c0119197_11242080.jpg

僕達は、ある事に挑戦する。
嫌な人はやらなくてもいい。

挑戦する前に「君の目標は」と聞かれる。
半分まで登る・上り切って降りてくる・ロープに挑戦する。
何回挑戦してもいい。
あの高さまで登のか~~~
c0119197_11252318.jpg

登れた。
c0119197_11294475.jpg
降りて来たら足がガクガクした。
それで次は休憩した。。

もう一度
もの凄く怖いよ

c0119197_11322718.jpg

これだよ。



c0119197_11310583.jpg

学年で20人は挑戦した。
女の子もやったよ。
どのぐらい高いかわかるでしょう。
間隔のロープを捕まえて渡りきる。




c0119197_11334647.jpg



c0119197_12150152.jpg

次は綱渡り。

c0119197_11370854.jpg

「膝を曲げないで!」ってインストラクターが叫ぶ。
真っ直ぐ前向くしかないよ。

c0119197_11392394.jpg
c0119197_15382774.jpg
c0119197_15371925.jpg

もう一つは滑車


c0119197_12142314.jpg


3つで1セット
降りて来る度に腰が抜けたようになって、
次に進む力が残っていなかったけど
途中でやめることなく全部出来るようになった。
c0119197_11424160.jpg

皆で力合わせてやるゲームもある。

c0119197_12063237.jpg
僕達の学校はリーダーに成れる様に勉強をしてる。

グループになった仲間は、皆リーダータイプで
全員がバラバラにリードする為に揃わない。
一人の女の子が「みんな黙って!!!私の掛け声に従って」と言う事で大成功。
ママが大笑いした。











c0119197_19321059.jpg

by weloveai | 2016-02-17 12:18 | 太郎の手紙 | Comments(25)
Commented by marsha at 2016-02-17 13:36 x
Taroちゃん、エライ、よくやったねー。読んでいてこっちがハラハラどきどきしたわ。涙もでたよー。よく泣かないで頑張ったわねー。
 Jiroちゃんが居なくても一人で参加して全部やり通したなんて エライわ。浜松の遊園地で訓練したから下地は出来ていたかもね。 

Taroちゃんは随分成長しましたね。彼は内面はとてもしっかりしてると思っていますよー。

大声で他の人を制してリーダーシップをとった女の子、凄いわね。
こういうことって大事ですね。 こうでもしないと てんで ばらばらで 纏まらないでしょう。

Jiroちゃんはパパとお留守番で 日頃ママに許されていない事を実現したわけで 楽しかったでしょう。 バーガーキングにポテトチップス食べ放題なんて良いわねー。
翌日はビックサンドイッチと フーアストフードばっかりだけど、ああいうの食べたくなるわね。わかります、わかります。ゲームもやり放題。よかったわねー、たまにはね。
Commented by marsha at 2016-02-17 14:18 x
Taroちゃん、腰が抜けなくて良かったわねー。 抜けそうになった、って分かりますよー。 小さい内からこういう訓練を経験しておく事は大人に成ってからも役立つでしょう。

Jiroちゃんもこのキャンプに3年後には参加するのでしょうか。
楽しみなこと。
Commented by daifukuobasan at 2016-02-17 14:47
Taro君、海兵隊の訓練みたいじゃありませんか!リーダーね、なるほど度胸がつきそう。
Commented by mi-grape at 2016-02-17 15:09
Taro君、たくましくなりました。アメリカの学校では随分厳しい
運動をさせるのですね、日本の学校で同じようなことをやると
父兄から苦情が出そう。
Jiro君、優しいパパと二人で楽しそう。

Commented by marsha at 2016-02-17 17:53 x
Taroちゃんのキャンプの話しを聞いたり、映像を観て、Jiroちゃんのリアクションは? 自分も早く参加したいと思ったでしょうか。恐いと思ったでしょうか?

まぁ、凄く沢山書いちゃってご免なさい。
 私ってalmost 病的? ですかしら。
コメントは要りませんからね。 
Commented by Saburo at 2016-02-17 19:10 x
ヒャーおそろしいー!
僕なんか絶対ごめんだね。
(高所恐怖症です)
さすがに ゆすらうめさんのお孫さんですネ。♪
Commented by oshibanayoshimi at 2016-02-17 19:28
こんばんは。
本当に、事が抜けそうな、体験ですね・・・凄い!!!
こうして、どんどん、逞しくなっていきますね・・・・・
Commented by marsha at 2016-02-17 20:18 x
Taroちゃんは素晴らしく良い笑顔で映っていますね。
達成感で 満足だったでしょう。
Commented by cosumosu52 at 2016-02-17 20:38
これ、ぶっつけ本番なのですか?
何日も練習しないとできないような技ですよね。
高所恐怖症の私です。恐い~
Taroくん、凄いことが出来たのですね。これからの自信につながりますね。
やってやれないことは無い!ですね。
Commented by sako375 at 2016-02-17 22:01 x
これは、何とかレンジャー予備軍?
アメリカの小学生は、すごい体験が出来るんですね。
子供たちもこうして逞しく自分の精神力体力を積み重ねて強くなって行くのですね。
taroちゃん、がんばった。たくさん褒めてあげて下さい。

日本では、将来、リーダーになれる子はいないわね。
Commented by weloveai at 2016-02-18 09:32
marshaさん
15日がPresident’sDayで連休だったようで
写真が届きませんでした。
私もこの写真を見てびっくりでした。
コースの説明がよくわからなかったのです。
団体競技に、
「船頭多くして船山に登る」状態にリーダーのリーダーが女の子だったことです。
未来のアメリカ大統領選に出てるであろと思うヒラリー・クリントンの様な女の子が沢山いるのだと関心しました。
Jiroは、よほど楽しかったのでしょう、最高だったと言ってました。
パパと寝たのと聞いたら、イビキが煩くて寝られないから一人だよと答えました
Commented by weloveai at 2016-02-18 09:33
Marshaさん
Taroの方が怖いもの知らずでしょう。
Jiroは運動神経抜群ですが躊躇するかもしれません。
何でもできると思われてるから
頑張ってやるかもしれませんがどうなるでしょう。
Commented by weloveai at 2016-02-18 09:33
Daifukuobasanさん
凄すぎます。
写真ですが割り引いて高さを見ても電信柱以上の高さがあります
命綱付けてても恐怖心は出ますよね。
Commented by weloveai at 2016-02-18 09:34
Grapeさん
参加自由なところがいいですね。
日本では、強制で全員参加型ですが、安全を考慮してこのような事しませんね、
運動会の騎馬戦、ピラミッド、問題になりましたね。
Commented by weloveai at 2016-02-18 09:34
Marshaさん
自動車の免許の話は娘も同じ事話してました、
テストは、それであってるかい?と教官が言うので
反対の答えだと教えてもらった様なもので通過したとの事です。
後は個人の責任だと言う事でしょう。
「獅子は我が子を千尋の谷に突き落とす」
「可愛い子には旅」
いつの間にか過保護になりました。
Commented by weloveai at 2016-02-18 09:34
Marshaさん
私もどうだか聞きたかったのですが、
jitoは参加するより留守番を楽しみたいようですよ。
「もっと留守番出来るよ」ですからね。
Commented by weloveai at 2016-02-18 09:35
Saburoさん
大人では、とてもできません。
第一自分の体重をあの高さまで運びきれません。
始めの一歩が出なくて降りて来るでしょう。
チャレンジした子はいい経験になった事でしょう。
Commented by weloveai at 2016-02-18 09:35
Yoshimiさん
Taroの怖いもの知らずがいいのでしょう。
何でも挑戦はします。
ママは折角参加したのにやらないで帰る子がいるのは
もったいないなんて言ってます。
Commented by weloveai at 2016-02-18 09:35
Cosumosuさん
希望者だけのぶっつけの本番だそうです。
パパが付添で来ていても子供が「やらない!」と言えば「そうか」で終わりだそうです。
日頃手の掛かるいたずらな子ほど参加しなかったようです。
Commented by weloveai at 2016-02-18 09:36
Sakoさん
レンジャー隊の予備群は強制ではないのです。
綱渡りの写真をよく見るとTaroの足の向きが内またです。
綱渡りは足先が外ですよね。
あれを直さないとレンジャー隊に入るのはムリです。(笑)
皆さん体格がいい、彼は痩せすぎです。
Commented by weloveai at 2016-02-18 09:38
Marshaさん
彼は小さいです。
沢山食べて大きくなって欲しいです、パパもママも大きいですが細いです。
Commented by marsha at 2016-02-18 11:38 x
↑ 同じ事を直に思いました。あれ、内股だって。Taroちゃんは立ってる時もも前から時々内股気味だなって思っていたけれど、やっぱり、大胆に 内股で 笑えました。 彼は死ぬか生きるかの瀬戸際で真剣そのもの。
全神経を集中している真っ最中ですよね。
Commented by Deko at 2016-02-18 19:55 x
怖ろしいですね。高所恐怖症の私には足がすくんで動けなさそうです。
我が家の次男坊も山の外側は歩かず山側を歩いていました。半強制的でないのが救われますね。何事も向き不向きがありますよね。それにしても勇敢なTaro君ですね。
Commented by weloveai at 2016-02-19 06:42
Marshaさん
タブレットから投稿してます?
マスターされたのですか、凄いな~~
パパが内股ですからDNAでしょう。
表現が「大胆に内股」も笑えます。(*^_^*)
Commented by weloveai at 2016-02-19 06:46
Dekoさん
つり橋を渡るのも怖いのに命綱があるにしても恐ろしいです。
自分の意思で決定できる自由がいいです。
ママがチャレンジャーだからいいでしょう。
パパは慎重な人ですから付添いだったらさせないかもしれません(笑)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


遠くに離れている家族に故郷の香りを伝えます


by ゆすらうめ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日記
我が家の夕食
パーティー
太郎の手紙
日本からパパへ
かわいいお弁当
絵画
悪魔の辞典
庭の花・木
家庭菜園
原風景ギャラリー
Village Tree の子ども達
私の原風景
アメリカにて
その他
レシピ

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

最新のコメント

青目 この頃・・・こう..
by aomeumi at 13:05
Chikaさん 忘れ..
by weloveai at 06:37
そういえば、敬老の日でし..
by chika456 at 20:14
Dekoさん こんばん..
by weloveai at 17:36
おはようございます。Fさ..
by Deko at 11:40
Pochipochiさん..
by weloveai at 09:44
えっ、ルート66をぶっ飛..
by PochiPochi-2-s at 07:08
桜さん ほめ過ぎです。..
by weloveai at 06:52
PochiPochiさん..
by weloveai at 06:46
うららさん 敬老の日に..
by weloveai at 06:44
Cosumosuさん ..
by weloveai at 06:37
グリンダさん まだまだ..
by weloveai at 06:28
kawaiさん 台風の..
by weloveai at 06:26
Yoshimiさん 菊..
by weloveai at 06:19
Momoさん 風の強い..
by weloveai at 06:16

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

画像一覧