何日も過ぎた気がする。


心にこもったお慰めの言葉をいただき有難うございました。
皆様に、ここでお返事をさせて頂きます。

c0119197_14435251.jpg


ある日、何の前触れも無く、突然、死ぬ。
そんなことが起こるとは、
まさに、『なんてこと』でした。。

義兄は77歳の生涯だった。
44歳になる甥が語った。

子供の頃、普段の日に父の姿を見る事はなかった。
たまに日曜日にいる父は疲れてる感じで
ソファーに横になりテレビを見てた姿が印象に残ってる。

「たまには、子供たちと遊んであげて」と 母から言われたのだろう。
仕事のある日、少し早目に帰宅した父が
閉園、間際の遊園地に連れて行ってくれたことを思えてるが
その他に父親が遊んでくれたことは、ほとんど記憶にない。
だからと言って恨んでる事はなかった。

自分が社会人になってから、
猛烈な仕事人間できた父の事が、よく理解できるようになり
今まで以上に尊敬する気持ちが強くなった。

退職してゆっくりするのかと思ったら、
毎日の様にする事があり、仲間の中心にいて充実した日々を送ってました。
この様に沢山の方が見送りに来てくださったことでわかる様に
父の人生は幸せな人生だったと思います。・・・略




義姉は、雲の上を歩いてるような気持ではなかったかと察する。
棺に沢山の花が入れられて皆さんのお別れが終わった。
これが最後なのに棺から離れてる義姉を私は前に押しすすめた。
その時、義姉は「○○さん 今まで 有難う、家族で力を合わせて頑張っていくから」
の言葉が聞こえた。
猛烈な企業戦士の義兄を支えてきた義姉が
「自分の事は自分する、手の掛からない人で
 最後まで私の手を煩わせる事をしない人で終わったヮ」と話した。


Fさんと仲良かった兄で
兄は僕の前を照らす道しるべの様な人だったとショックが大きい。
お酒が強く豪快で気配りの利く 男が惚れる兄でした。
覚悟が出来てる、お別れと違って残念の度合いは比べ様がない。

皆様も、くれぐれも健康に気を付けてください。
by weloveai | 2014-07-21 15:13 | 日記


遠くに離れている家族に故郷の香りを伝えます


by ゆすらうめ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日記
我が家の夕食
パーティー
太郎の手紙
日本からパパへ
かわいいお弁当
絵画
悪魔の辞典
庭の花・木
家庭菜園
原風景ギャラリー
Village Tree の子ども達
私の原風景
アメリカにて
その他
レシピ

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

最新のコメント

Dekoさん ありがと..
by weloveai at 14:08
Imaさん 帰国しての..
by weloveai at 14:00
Taroちゃん誕生日おめ..
by Deko at 11:20
Taroくんのお誕生日お..
by anello63 at 09:33
そよぎさん 暑い夏を母..
by weloveai at 06:47
PochiPochiさん..
by weloveai at 06:37
Yoshimiさん あ..
by weloveai at 06:31
nonちゃん ありがと..
by weloveai at 06:25
道行く人さん 全くぷく..
by weloveai at 06:22
桜さん ありがとうござ..
by weloveai at 06:19
桜さん このブログは二..
by weloveai at 06:16
Ebloさん ありがと..
by weloveai at 06:03
うららさん ありがとう..
by weloveai at 05:56
Chikaさん 捜しま..
by weloveai at 05:47
こんばんは。出掛けていま..
by nagotu3819 at 03:15

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

画像一覧