悪魔の辞典(15)

悪魔なんだわサ~~日曜日に掲載するなんて、急いで感想を書いた。

韋駄天さん流石に早い 
『韋駄天さんの辞典』


■ 共生(きょうせい) :
    ・相利共生、双方の生物種が利益を得る。
    ・片利共生、片方のみが利益を得る。
    ・片害共生、片方のみが害を被る場合。
    ・寄生、片方が利益を得、もう片方が害を被る。
 
     かっては、以上のように分類されていたが、
    単なる寄生虫・ばい菌と考えられていたものを駆除した結果
    花粉症・アトピー・気管支喘息などが多発するようになってきた。
    共生はそう単純なものではないのである。
 
    【私事対策】
      生物に少し詳しい私は、自室の掃除はしないように留意し、
     ばい菌類をできるだけ残すように配慮している。
      その効果はてきめんで、杉花粉を大量に持ち込んで撮影し、
     その後、部屋中に散らばっても発症することはない。
     清潔とは、共生関係を乱す自然破壊行為にほかならない。

我々夫婦は相利共生だ、双方が高めあって今日がある。
ここには、両方が害を被ると言うものがない
ほとんどの夫婦は両害共生で今日まで来ていると思うのだが、それは共生夫婦とは言わないのかな~~
 
 
■ 未必の故意(みひつのこい) :
     自己の行為から、ある事実が発生するかもしれないと思いながら、
     発生しても仕方がないと認めて、行為する心理状態。

     【私事例】
     飲酒前の気持ち。
犯した罪は自己責任だと思う。 
 
■ 度忘れ(どわすれ) :
     ふと忘れてどうしても思い出せないこと。
 
     【相手が度忘れしたときの対処法】
      夫が度忘れしやすい用語は、おいしかった、ありがとう、
     すみません、などがある。多分、ふと忘れただけなのだから、
     配偶者は寛容な心で思い出すのを待つべきである。
     
私の場合 思い出さない事はどうでもいい事が多い
夫が忘れた言葉の事例3は、夫でもない人が言える言葉なので、その夫は失格である。 


■ 既視感(きしかん) :
     経験したことがないものを、経験したように感じること。
 
     【注】
      ブログの記事を作っているうちに、以前書いたかもしれないと
     思えてくるのは、記憶力が衰えてきたからにすぎないので、
     既視感とはいわない。
      このkmitoh悪魔の辞典に、同じような内容を繰り返し
     載せていたとしても、それは推敲(すいこう)し直した結果である。
 
給料日にお金を受け取ったのに、使い過ぎてお金がなくなり まだ給料をもらわなかった気になる事。 

■ 言葉(ことば) :
     武器の一種。肉体ではなく心を傷つける効果がある。
     相手を奴隷にすることも可能である。
言葉で人の心を操ろうなんて詐欺師な様な事をすると罰が当たるぞ! 
 
■ 人間の進化(にんげんのしんか) :
     自然の中で、ひとりで生きていく能力を退化させていくこと。
人間は一人では生きていけないのだから、そこまで進化しなくても良い。 
 
■ 変貌(へんぼう) :
     姿・様子の変ること。
     写真みたとき、自分が期待する自身像と異なって見えること。
自分だけの姿を見る必要もない 回りも皆同じようなもの。 
 
■ 猥褻(わいせつ) :
     性に関する事柄を健全な社会風俗に反して取り扱うこと。
 
     【考察】
      私が仕事で使用してきた用語を人前で話すと猥褻らしい。
     とすると、私は猥褻を専業として暮らしてきたことになる。
      日高敏隆は、競作悪魔の辞典で、「猥褻」について
     「結婚披露宴とか駅頭での新婚旅行の見送りとかいったような行為。」
     と書いている。
      私も結婚披露宴などに出席すると猥褻な会に紛れ込んだような
     恥ずかしい気分になるのだが、そう考えることが猥褻なのだろうか。
 
男の心の中に猥褻と思う心がある限り猥褻と言う言葉は男に付きまとい 取り払らわれる事がない。 

■ 仮の姿(仮の姿) :
     いつわりの姿。
 
     【例】
      私が真の姿をみせれば、こうごうしくて近寄りがたいだろうと、
     猥褻を好む変人を無理してよそおっていること。
     
ブログは 皆 仮の姿で語ってる。 

■ 大器晩成(たいきばんせい) :
     自分を慰めるために一生使える格言。
 
神童と言われて90歳になったタダの親は大器晩成などとは言わなかった。偉い! 

■ 格言 鶏口となるも牛後となるなかれ(けいこうとなるもぎゅうごとなるなかれ) :
     大きな集団の後方になるよりも、小さい集団で長となる方がよい。
 
     【考察】
      高校の漢文の授業では、尾は糞に汚れるだけで
     つまらないと説明を受けた。他でも同じだったのか
     「牛尾」と憶えている人がけっこういる。
     なぜ、「尾」として説明せざるをえなかったのか、
     「後ろの方」とすれば不都合が起きるからだ。
     口は食べる楽しみがある。
     しかし、「後ろの方」は楽しみがないかというと・・・。
鶏の口と牛の尻でも尾でも大差がない。
目くそ鼻くそと似たようなもの アァラ~~ 下品でした。   
  
 
■ 泥中の蓮(でいちゅうのはす) :
     けがれた境遇にあってもこれに染まらず、清らかさを保つことのたとえ。
     【例】私。
     【誤解の例】
      政治のニュースを観ながら、
     「私のような泥中の蓮は世の中にそう多くはない」からなと呟いた。
     妻は珍しく賛意し、
     「泥に汚れて、穴(欠点)だらけなところがそっくり。」
     花より蓮根を思い描いたようだ。
秋田小町さんはそのような事は云わない
あなたの様に何でも先をお見通しの方はレンコンの様だと仰ったのである。

by weloveai | 2010-02-14 21:34 | 悪魔の辞典 | Comments(10)
Commented by 遊工房 at 2010-02-14 21:44 x
ありがとうございます
悪魔に成り代わって
お礼申し上げます
Commented by ナツ at 2010-02-14 23:16 x
ペイント画すばらしい出来栄えですね。どっしりとした線の描き方などやはりゆすらうめさんの感じがよく出ています。これからドンドン描いて見せてください。楽しみです。
Commented by weloveai at 2010-02-15 09:00
お忙しい堕天使さん、どういたしまして
>変貌(へんぼう)
など、反撃してください 悪魔が自画像見みたから閃いて載せたのよ。
Commented by P at 2010-02-15 09:05 x
言葉のキレが流石です 編集長!思い切りがいいネ
人間を長くやってきて不得意科目に躊躇してるようじゃ不甲斐ないわね~韋駄天 というわけで これから突っ走ってみようかな?
Commented by ちっぽけな悪魔、男鹿人 at 2010-02-15 10:11 x
 魔女は言葉ばかりでなく、絵でも心を翻弄できるのですね。
自分がいかにささやかな悪魔の心しか持ち合わせていないかを知りました。
Commented by weloveai at 2010-02-15 11:25
ナツさん
ナツさんの描いた動画が絵がどれだけ難しいか実感しました。
表情豊かに描かれてる線は 相当練習しないと無理 無理です。
オイルヒーターの件 ありがとう
トイレに入れました  快適です。
Commented by weloveai at 2010-02-15 11:32
prettyさん
ハイ!期待してます~~~
本家をノックアウトしてください。
Commented by weloveai at 2010-02-15 11:35
大悪魔さま
何を仰いますか 
何度も読み返し 何を言わんとしているか理解するのに時間がかかるのです。
それでいて ピントが外れる広報担当の感想です。
Commented by イケメン の夏生くん at 2010-02-15 11:40 x
ひょいと悪魔の男鹿人さんのブログ開いたら
「悪魔の辞典15」が。
でも表紙が。
見ているだけで鼻水とくしゃみが出てきた。
文句言ったら「杉林の中の我が家へどうぞ」だって
だから中身よく読まずとりあえず印刷を。
韋駄天さんや贋作作家さんはないのですか。
楽しみにしているのに。
お味噌たのしみですね。
うまくできたらまたのせてください。
絵はむずかしそう。
Commented by weloveai at 2010-02-15 11:45
夏生君
猫でも花粉症あるの?
あの写真は じっくり見た事もない スギ花粉の素がよく分るね。
韋駄天さんが出てるよ 面白いよ。
味噌の出来上がりは載せた事ない、毎日美味しく食べてるのに 味噌汁でも載せますか。
同じく 絵は難しい~~~~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


遠くに離れている家族に故郷の香りを伝えます


by ゆすらうめ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日記
我が家の夕食
パーティー
太郎の手紙
日本からパパへ
かわいいお弁当
絵画
悪魔の辞典
庭の花・木
家庭菜園
原風景ギャラリー
Village Tree の子ども達
私の原風景
アメリカにて
その他
レシピ

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

最新のコメント

お早うございます。 ..
by marsha at 04:41
こんばんは。ミヤマイラク..
by hanamomo08 at 23:19
ぷぷぷーー 金額じゃな..
by はる at 22:27
こんばんは。 「物忘れ..
by oshibanayoshimi at 21:59
こんばんわ 年を重ねて..
by Deko at 20:14
本当に同い年ですか? ..
by eblo at 18:40
麒麟草が咲き揃い向こうに..
by non at 13:53
お姑さんにでなくても 人..
by marsha at 12:53
こんにちは 京唄子..
by 19510909 at 11:55
青目 まぁ、立派な鯛で..
by aomeumi at 10:49

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

画像一覧