のんびりしたい日曜日だというのに~~

『kmitoh悪魔の辞典(14)』

マリアの休日だというのに
広報の仕事が舞い込んだ 
それも これから一番大事な本業シェフの仕事が待っているのに、

マリアの贋作はチョット待ってもらうことにする。
先ずは 本家に出かけて行って笑って来てください。

その前に、初めてお読みになる方は
 「kmitoh悪魔の辞典」について  をお読みになると
もっと、面白さがわかることでしょう。

早! 誘惑に負けた佳人の贋作掲載
雪にも負けず 北国で頑張る韋駄天さん そろい踏みまだでした。
只今 途中であります。
掲載完了

初めて贋作なる文字を使ったけど、マリアには到底 無理なことが分かった。
今まで通り感想文なるもので行くことにした。
 
■ 先祖返り(せんぞがえり) :
     祖先にあった形質が、しばらく後の世代の子孫に突然現れること。隔世遺伝。
     【実例】
     酔ったときに突然現れることが多い。
     節足動物返り カニに戻り横歩きする。
     軟体動物返り 骨が突然消失して、タコのようになる。
     腔腸動物返り イソギンチャクに先祖返りして、
            口から摂取してものを、口から排出する。
 
     これ最高 全て経験してる生物学者にしか書けない事柄。
     自分を人体実験の素材として、「繰り返し実験を試みた。」と申告がありました。
 
■ 天罰 :
     悪事のむくい。
     心当たりが多すぎて、なにに対する罰なのか
     判断に迷う人も多い。
     
     これも最高 毎日 天使様に何に対して叱られているのか分からない作者 

■ 反面教師(はんめんきょうし) :
     悪い手本となる人物。それを見てどう生きるべきかを釈社
      【感想】
      教育のため、酔っただらしない姿などを
     子どもたちに見せたのだけれど、教育の効果は
     皆無だった。
     
     完璧な母親を示したのだが、見てるだけで何も学ばないで娘は嫁に行った。 

■男女別学(だんじょべつがく) :

     男性と女性が別の学校で学ぶこと。
     その制度目的は、教科の特性により、男女で異なる理解の
     プロセスに応じた適切な教科指導を実践し、
     男子は質実剛健、女子は清楚潔癖(良妻賢母)を身に
     つけさせるためである。
     

     【考察】
      私は男女別学の、当然男子高校で学んだ。
     その結果、女性の真の姿を知る機会を失い、
     「女性はみな心優しい」との幻覚を持ち続け、
     のちに後悔することになる。
      
      女子校に通った阿川佐和子は次のように書いている。
     「オンナばかりの学校で男子の眼を意識することなく育つと、
     女らしくなるどころか、むしろ色気は薄れていくらしい。」
     色気がないとは「下品な話に顔を赤らめることなく率先して載ってくる。
     大口を開け、豪快に笑う。クシャミに恥じらいがない。化粧っけ皆無。」
     だという。
  
      阿川佐和子と私から、いかに無意味な制度かがわかるだろう。
      
      今は男も女もない 全ての事に分ける意味もない
      あるとしたら 男は父と 女は母 と言うことだろ

 
■ 助兵衛根性(すけべえこんじょう) :
     いろいろなことに手を出したがる気持。気の多いこと。好色な欲気。
     【例】
      ブログを始めた上に、書道、朗読、ガラス細工にまで
     手を出している人たちのこと。
     褒め言葉なのだ。私も歩く助兵衛根性だと賞賛されている。
    
     あなた様の場合はタダの歩く助兵衛と呼ばれていて、本人だけが知らないのです。
 
■ 起承転結(きしょうてんけつ) :
     物事の順序。
     【例】
     夫婦の会話
     ○起  馬の耳に念仏。
     ○承  売り言葉に買い言葉。
     ○転  兵糧攻め。
     ○結  敵に塩を送る。(塩ではなく饅頭だとの説もある)


     敵に饅頭を送られたけど食べなかったナツさん 白内障の手術で暫くお休み。
     早く元気に戻ってきてね。

 
■ 老いらくの恋(おいらくのこい) :
     眼のくもりがなくなってからする美しい恋。
     自分のすんだ眼を過信して、騙されることもある。
     【参考】
      天人にも上下があり、その世界にも恋がある。
     下天や帝釈天、液の代わりに風がもれるだけ。
     もう少し高尚な天人は、抱擁するだけで満足する。
     さらに上の天人は、手を取り合うだけでクライマックスに達する。
     極高尚な天人、互いに見つめ合ってにっこり笑うだけで
     欲望が解消される。
     (宗教学者ひろさちやの本より意訳抜粋)
      なにごとか思い当たる人もいるかもしれない。
      しかし、ネットでは顔を見合わせることもなく恋したとすれば
     極高尚な天人以上ではないだろうか。
     
     老いらくの恋とは幾つ位から言うのだろう
     まだ 私は 現役だから想像もつかない。 
     >極高尚な天人以上
     そんなことはない タダの老人よ

 
■ 逆鱗(げきりん) :
     竜のあごの下にある逆さに生えた鱗(うろこ)、
     人が触れると竜は激怒する。
     【考察】
     配偶者にある鱗の半分以上が逆さに
     生えていても、順燐といわず逆鱗とよぶのかは不明。
     
     触れてはいけないと細心の注意を払っているのか遠くで眺めている人がいる。     
 
■ 刷込み(すりこみ) :
     学習の一形態。
     特定期間内に目にした動物や物体が、子に固定的に認識され、
     以後それを見ると機械的に反応する。
     【考察】
      私は生まれてすぐ酒瓶を見たに違いない。
     だから、深酒をやめられないのは私の意志が弱いからで
     はなく、刷り込みという純生物学的習性に起因するのである。
 
     成人式に刷り込みを入れて息巻いている餓鬼を見た
     アァ~それは剃り込みだ それとは違うんだ。


■ 佳人薄命(かじんはくめい) :
     美人には不幸な者や短命な者が多いということ。
     【考察】
     語句の意味に異議を唱える人はいないと思うが、
     問題は「短命」とはいくつくらいのことなのだろうか。
     枕草子に「もう28。姥桜の私。」と書かれていたような気がする。
     いくら多めに見積もっても、35年以上の歳月を生きながらえ
     ている人は対象外だろう。
    
      いくら佳人でも 生きていなかったら意味がない、
      女の容姿だけに囚われていると、男は後悔することになる。
 

■歌謡曲(かようきょく) :
     去っていった男の抜け殻(がら)を、酒と涙につけ込んで
     作ったアルコールの一種。
     口からではなく耳から流し込んで飲む。

     今時の女性が去って行った男を女々しく思う訳がない、
     アルコールを吹いて焼き捨てる事はする、
     だから歌謡曲は衰退の一途である。
 
 


by weloveai | 2010-01-24 17:15 | 悪魔の辞典 | Comments(14)
Commented by at 2010-01-24 17:24 x
笑ってきちゃったわ!
Commented by oshibanayoshimi at 2010-01-24 20:31
私も、クスッと笑って参りました!
Commented by ナツ at 2010-01-24 22:21 x
オイ!オイ!読んで帰ろうとしたが、悪魔の辞典にナツの名前を見つけてしまった。一言書かないと帰れないな・・・饅頭は孫に食べさせたのよ。これからゆっくりお風呂に入って身を清めてまな板の鯉になろう。これで本当に当分お別れです。食卓をのぞきにくるのはいつになるかなァ~~
書き忘れ・・・Pちゃんどうしたんだろう。悟りきっている。老いらくの恋?きっとさみしいのね。
Commented by oshibana1997 at 2010-01-24 22:43
楽しく、頭の体操になりますね。 きっと、ボケないでしょう!
Commented by 遊工房 at 2010-01-24 22:54 x
きちんと全部に書くところがえらい
私はう~~~
とうなるだけでパス!
ともかく本人がどう取り繕おうと
だんだんあからさまになるところが怖い
Commented by at 2010-01-25 07:17 x
老いら苦の恋を装ってる悟り切ってる風韋駄天です~~~わ!ハハハ
まりーーーあ簡潔明解!!編  その中にF様を拝見したのは私だけ??
Commented by 男鹿人 at 2010-01-25 08:18 x
 「先祖返り」の感想で、「経験してる」と書かれていますが、それでは軽薄な酒癖の悪い男としか思われかねません。
 実際は自分を人体実験の素材として、「繰り返し実験を試みた。」です。
Commented by weloveai at 2010-01-25 08:25
prettyさん
「韋駄天の贋作」 大いに期待してます。
笑わせてね~~  
Commented by weloveai at 2010-01-25 08:27
yoshimiさん
お品の良いこと クスッとですか?
心当たり有りとガッツポーズなさったのでは?
Commented by weloveai at 2010-01-25 08:29
ナツさん
なかなか強情な可愛いナツ姉さんです~~~
もう お出かけの時間かな?   
ゆっくり 休養してきてね~~~待ってるよ。
Commented by weloveai at 2010-01-25 08:34
遊さん
作家っていうものは、経験なくして書くことができないもんだね~~
文献で調べても 経験は最高の引き出しになるね
贋作を書くには 相当 頭をひねらないと書けるものではないと悟った。

脳 足りん   能 足りん  ホホホ 
Commented by weloveai at 2010-01-25 08:36
oshibanaさん
頭の体操 ボケないといいのですが、 
DNA なんて言われて トホホホホ
笑うって最高ね。
Commented by weloveai at 2010-01-25 08:42
prettyさん
短時間では とても私には無理 
悪魔さんも 相当 時間かけて原稿練ってるよ~~
時間貰っても私は書けるものではありませんけどね  悔しーー
雪解けが待ち遠しいわね~~~~
Commented by weloveai at 2010-01-25 08:45
男鹿人さん
流石 研究者!
人体実験 その中でも イソギンチャクは苦しいね~~~~
つわりの酷かった私には 良く理解できる。
誤解を招かないように 追記しました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


遠くに離れている家族に故郷の香りを伝えます


by ゆすらうめ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日記
我が家の夕食
パーティー
太郎の手紙
日本からパパへ
かわいいお弁当
絵画
悪魔の辞典
庭の花・木
家庭菜園
原風景ギャラリー
Village Tree の子ども達
私の原風景
アメリカにて
その他
レシピ

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

最新のコメント

お知らせです。 花てぼ..
by ナツ at 21:36
 そちらは、大雨のようで..
by oshibanayoshimi at 17:23
Marshaさん お友..
by weloveai at 10:30
Marshaさん 私も..
by weloveai at 10:19
みんなで安倍を庇、見え透..
by marsha at 08:45
水出し煎茶の情報を有難う..
by marsha at 07:45
Marshaさん 毎日..
by weloveai at 06:31
Dekoさん ありが..
by weloveai at 06:27
Mimizuさん ハイ..
by weloveai at 06:26
Marshaさん 我が..
by weloveai at 06:25

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

画像一覧